八丈島の郷土料理 麦雑炊

※写真は小学校高学年の量です

♦平成30年1月19日(金)の献立♦

麦雑炊、牛乳、メダイのあんかけ、かんもと大豆の揚げ煮、みかん

♦給食で使用した食材の産地♦

ごぼう:青森県

里芋:八丈島

明日葉:八丈島

さつまいも:八丈島

大根:神奈川県

しょうが:八丈島

にんじん:千葉県

たまねぎ:北海道

メダイ:八丈島

 

今日は19日、食育の日ということで、年に1度に提供する麦雑炊です。麦雑炊は押麦に水を入れ、付きっきりで調理します。

麦雑炊に使用する麦はいつものご飯に使うお米の3分の1ほどの量なので、栄養バランスを考えるとそれだけでは炭水化物が足りません。麦雑炊に里芋をたっぷり入れ、おかずにはかんもを使った料理を合わせました。

また、今日のメダイのあんかけには野菜をたっぷりと使いました。おかずが少ない分、1つのおかずの野菜の量を増やして、全体の栄養バランスを調整しています。

今日は麦雑炊を初めて食べるという人もいるのではないでしょうか。八丈島の郷土料理ですので、味わって食べて下さい。

三原中学校リクエスト給食

※写真は小学校高学年の量です

♦平成30年1月18日(木)の献立♦

キムチチャーハン、牛乳、カリカリベーコンサラダ、うずら入りわかめスープ、いちご

♦給食で使用した食材の産地♦

もやし:福島県

しょうが:八丈島

にんにく:八丈島

大根:山形県

にんじん:千葉県

キャベツ:千葉県

いちご:茨城県

豚肉:群馬県

 

今日は三原中学校のリクエスト給食です。新メニューカリカリベーコンサラダは、ベーコンを多めの油で炒めました。

カリッと仕上げたかったのですが、給食センターの釜は蒸気式のため、釜の温度が100℃くらまでしか上がらないので、ご家庭のフライパンのように揚げ焼きが出来ません。それでも、じっくりと時間をかけて炒め、なるべくカリッとした食感になるように頑張りました。

今年度のリクエスト給食も2月の大賀郷中学校で最後となります。以前はリクエスト給食と言ったらジャージャー麺という流れが多かったですが、近年は新メニューや最近提供し始めたメニューがリクエストに入り、毎日美味しく食べてくれているのだと嬉しくなります。これからも毎日の給食を楽しんで食べて欲しいと思います。

シナノゴールド

※写真は小学校高学年の量です

♦平成30年1月17日(水)の献立♦

鶏ごぼうピラフ、牛乳、ビーンズチャウダー、キャベツサラダ、りんご

♦給食で使用した食材の産地♦

赤ピーマン:高知県

ごぼう:青森県

きゅうり:千葉県

白菜:埼玉県

にんにく:八丈島

にんじん:千葉県

たまねぎ:北海道

キャベツ:神奈川県

りんご:長野県

鶏肉:宮崎県

 

今日のりんごはシナノゴールドという品種で、長野生まれの黄色い皮をしたりんごです。りんごの中でも甘みが強く、果肉も固めであるため、そのまま食べる他にも、アップルパイ等の焼き菓子に向いていると言われています。

りんごだけでなく、野菜や果物などの生鮮食品は様々な品種があります。用途に合わせて品種を選択するのはとても難しいですが、覚えると調理をする楽しみが増えそうですね。

八丈風みそ味ちゃんこ鍋

※写真は小学校高学年の量です

※写真左上は食物アレルギー対応用です

♦平成30年1月16日(火)の献立♦

深川飯、牛乳、八丈風みそ味ちゃんこ鍋、大根とひじきの和風サラダ、りんご

♦給食で使用した食材の産地♦

ごぼう:青森県

白菜:群馬県

ねぎ:栃木県

椎茸:八丈島

しょうが:八丈島

大根:八丈島

にんじん:千葉県

たまねぎ:北海道

りんご:青森県

トビミンチ:八丈島

 

今日は14日から大相撲初場所が開幕したことに合わせて、相撲部屋で食べられているちゃんこ鍋です。ちゃんこ鍋は、八丈島の食材を使ってアレンジしました。団子はトビミンチを使っています。ムロアジ厚削りでだしを取りながら、団子を入れていきます。

白菜、にんじん、豆腐、ねぎ、椎茸を入れ、みそで味付けをしました。

今日はちゃんこ「鍋」なので、具だくさん、汁はいつもより少なめです。教室で上手に盛り付けてください。

また、相撲は東京都墨田区の両国国技館で行われているので、主食には東京都の下町に伝わる郷土料理、深川飯を提供しました。しょうがをたっぷりと使っているので、体が温まると思います。

高野豆腐のそぼろ丼

※写真は小学校高学年の量です

※小学生にはスプーンが付きます

♦平成30年1月15日(月)の献立♦

高野豆腐のそぼろ丼、牛乳、みそ汁、みかん

♦給食で使用した食材の産地♦

豚肉:群馬県

椎茸:八丈島

明日葉:八丈島

大根:八丈島

にんじん:千葉県

たまねぎ:北海道

みかん:和歌山県

 

丼ものの日は小学生には食べやすいようにスプーンを付けるようにしています。しかし、本来は和食の丼ものはお箸を使って食べる事が望ましいです。中学生はお箸を上手に使って食べましょう。

丼ものの食べ方にもマナーがあり、お茶漬けやたまごかけごはん、雑炊のように、ごはんに汁気があるものは器に口を付けても良いそうですが、ごはんの上に具が乗っている一般的な丼ものは器に口を付けて食べる事はマナー違反だそうです。

丼ものに限らず、食事マナーはたくさんあります。子どもたちには大人になった時に周りの人が不快に思わないよう、今の時期からマナーについて身に付けてほしいです。