トビウオのそぼろ丼


※写真は小学校高学年の量です

♦平成29年4月21日(金)の献立♦
トビウオのそぼろ丼、牛乳、みそ汁、甘夏

♦給食で使用した食材の産地♦
しょうが:高知県
ごぼう:青森県
キャベツ:神奈川県
にんじん:徳島県
たまねぎ:北海道
甘夏:和歌山県
トビミンチ:八丈島

トビウオのそぼろ丼に使われているトビミンチは漁協女性部さんが加工してくださっています。トビウオを骨ごとミンチにしているので、カルシウムたっぷりのミンチです。

トビミンチに酒、すりおろしたしょうがで下味をつける事で魚臭さを抑えられる事ができます。
椎茸、ごぼう、にんじん、たけのこ、つきこんにゃくと、野菜たっぷりのそぼろです。たくさん具が入っているので、調理員さんも2人で炒めます。

今日は小学校のみスプーンをつけています。中学1年生は小学校の時は付いていたスプーンがなくなりました。そぼろ丼のようなお箸で食べにくい料理でも、和食の日はお箸を上手に使って食べてください。

卵の千草焼き


※写真は小学校高学年の量です

♦平成29年4月20日(木)の献立♦
ごはん、牛乳、卵の千草焼き、きんぴらごぼう、みそ汁

♦給食で使用した食材の産地♦
じゃがいも:鹿児島県
ごぼう:青森県
だいこん:茨城県
にんじん:徳島県
たまねぎ:北海道
鶏肉:千葉県
たまご:八丈島

給食で使用する卵は八丈島産のものを使っています。今日は約700個の卵を使用しました。

卵焼きを作る時は、火が通りやすいように、焼く前に釜で少し加熱してから作ります。鶏肉や野菜を炒めた所に卵を流し入れ、半熟よりも柔らかい状態で取り出します。

卵液を鉄板に流し入れ、スチームコンベクションオーブンで焼きます。
卵焼きが焼けたら各学年のサイズに合わせてカットします。

卵は完全栄養食と言われる程栄養価が高い食品なので、残さず食べてください。

スパゲティミートソース


※写真は小学校高学年の量です

♦平成29年4月19日(水)の献立♦
スパゲティミートソース、牛乳、枝豆サラダ、河内晩柑

♦給食で使用した食材の産地♦
しょうが:高知県
にんにく:青森県
ピーマン:茨城県
もやし:茨城県
キャベツ:神奈川県
にんじん:徳島県
たまねぎ:北海道
河内晩柑:和歌山県
豚肉:栃木県

給食のスパゲティのは時間が経っても食べやすいように、家庭で使用するよりも短いものを使っています。

スパゲティは茹でた後時間が経つと麺同士がくっつきやすいので、少しでも教室で配膳しやすいように、茹でた後は油をかけてから配缶しています。

スパゲティが短いので、子どもたちはフォークにスパゲティを巻きつけなくても食べられますが、きちんとフォークをスパゲティに巻いて食べる練習もしてみてください。

メダイのおろしポン酢かけ


※写真は小学校高学年の量です

♦平成29年4月18日(火)の献立♦
ごはん、牛乳、メダイのおろしポン酢かけ、ひじきの煮物、みそ汁

♦給食で使用した食材の産地♦
じゃがいも:鹿児島県
だいこん:千葉県
椎茸:八丈島
にんじん:徳島県
たまねぎ:北海道
メダイ:八丈島

今日はメダイのおろしポン酢かけです。おろしポン酢かけというと子どもたちはあまり食べないのではないかと思われがちですが、給食のメダイのおろしポン酢かけが好きという子どもたちも多く、月に1度提供しているメニューです。おろしポン酢は全て手作りをしています。材料をご紹介します。

4人分量
大根    80g
砂糖    7.2g(小さじ2)
醤油    10g(小さじ2)
みりん   4g(小さじ2/3)
酢     6g(小さじ1)
レモン果汁  2g(小さじ1/2)

全て鍋で煮たてて作ります。酢、レモン果汁は最後にサッと入れてください。
魚だけでなく、お肉やその他様々な料理にも合います。是非試してみてください。

ホイコーロー丼


※写真は小学校高学年の量です
※写真左上は食物アレルギー対応用です

♦平成29年4月17日(月)の献立♦
ホイコーロー丼、牛乳、たまごスープ、甘夏

♦給食で使用した食材の産地♦
しょうが:高知県
にんにく:青森県
豚肉:栃木県
えのきたけ:長野県
ピーマン:茨城県
キャベツ:茨城県
たまご:八丈島
にんじん:徳島県
たまねぎ:北海道
甘夏:和歌山県

今日はキャベツがたっぷり入ったホイコーロー丼です。46kgものキャベツを使用しました。
今は春キャベツが美味しい時期ですが、春キャベツは冬キャベツよりも1玉あたりの葉が少なく、やわらかいのにシャキシャキしているのが特徴です。
残念ながら今年は八丈島産のキャベツを使えませんでしたが、美味しい春キャベツを味わって食べてください。