Ⅰ 制度の概要

1 介護保険制度の概要

介護保険制度は、65歳の方(第1号被保険者)及び医療保険に加入している40歳から64歳までの方(第2号被保険者)が保険料を支払い、介護が必要になったときにサービスを利用するという社会保険制度です
40歳から64歳までは加入している医療保険から介護保険料が差し引かれますが、65歳以降は現在お住まいの区市町村に介護保険料を納付することとなります
サービス利用時に保険者である八丈町に介護認定の申請をし、要支援・要介護認定を受けた後に、サービス提供事業者を自由に選択し「契約」することでサービスの利用が可能になります
原則として、利用したサービス費用の1割または2割を負担することになります
介護サービスの給付費用は原則として保険料(50%)と公費(50%)により賄われます

2 介護保険の被保険者(加入者)

被保険者は、年齢により2種類に分かれます
また、サービスを利用できる条件もそれぞれの場合で異なります
40歳以上の方は介護保険の被保険者です
被保険者は年齢により第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます

【第1号被保険者】
65歳以上の方は第1号被保険者になります
介護サービスを利用するときには、介護が必要であると認定を受ける必要があります

【第2号被保険者】
40歳以上65歳未満の医療保険加入者は第2号被保険者になります
介護サービスを利用するときには、加齢が原因とされる病気で介護が必要であると認定を受ける必要があります

2-1 特定疾病

加齢が原因とされる病気として16疾病が特定疾病として定められます
1.がん末期
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靭帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗しょう症
6.初老期による認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

3 介護サービス利用時の自己負担割合について

介護サービス利用時の費用について、原則1割負担ですが、一定以上の所得がある65歳以上の方については2割負担となります
この負担割合証は、介護保険被保険者証と併せて保管し、居宅介護事業所・ケアマネジャーに提示してください

【対象者】
要介護認定を受けている方全員

【交付時期】
毎年7月、以降新規認定者は認定時に随時交付

【適用期間】
8月1日から翌年7月31日

【自己負担割合判定のフローチャート】

自己負担割合判定のフローチャート

ご本人の合計所得金額が160万円以上で同じ世帯に65歳以上の方がいる場合、ご本人及び同じ世帯にいる65歳以上の方の年金収入とその他の合計所得が346万円以上であれば2割負担となります
また、ご本人の合計所得が160万円以上で同じ世帯に65歳以上の方がいない場合は、ご本人の年金収入とその他の合計所得が280万円以上であれば2割負担となります

※1 合計所得金額
収入から公的年金控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額

※2 その他の合計所得金額
年金にかかる雑所得以外の所得

問い合わせ

〒100-1498 東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2
八丈町 福祉健康課高齢福祉係
電話番号 04996-2-5570