外国人住民の方へ

外国人登録の制度が平成24年7月9日から変わりました

出入国管理および難民認定法および日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管法および入管特例法)、住民基本台帳法が改正され、外国人登録法が廃止されました。 これにより、外国人の方も住民基本台帳に記載され、住民票の写しが交付されるようになりました
また、これまでの外国人登録証に代わり、中長期間にわたり適法に日本に在留する外国人の方に在留カード、特別永住者の方に特別永住者証明書が交付されます

平成24年7月9日からの主な変更点

1.住民票について

外国人の方も住民基本台帳に記載され、住民票の写しが交付されるようになりました
その結果、日本人と外国人で構成される世帯についても、世帯全員が記載された住民票の写しが交付されるようになりました

【住民票に記載される方】

  • 1.中長期在留者
    日本に在留資格をもって在留する外国人の方で、3ヵ月以下の在留期間が決定された方以外の方や、短期滞在・外交・公用の在留資格が決定された方以外の方
  • 2.特別永住者
    入管特例法により定められている特別永住者の方
  • 3.一時庇護許可者または仮滞在許可者
    入管法の規定で、船舶などに乗っている外国人が難民の可能性がある場合などの要件を満たすとき、一時庇護のための上陸許可を受けた方(一時庇護許可者)
    難民認定申請を行い、仮に本邦に滞在することを許可された方(仮滞在許可者)
  • 4.出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者
    出生または日本国籍喪失により、日本に在留することになった外国人の方(入管法の規定により、当該事由が生じた日から60日までは在留資格無しでも在留することができます)
  • ※上記1~4以外の方(在留期間が3ヵ月以下の方や在留資格が短期滞在の方など)は、住民基本台帳に記載されないため、住民票の写しや印鑑登録はできません
  • 1.氏名・通称名
  • 2.生年月日
  • 3.性別
  • 4.住所
  • 5.前住所
  • 6.外国人住民になった日
  • 7.世帯主氏名
  • 8.世帯主との続柄
  • 9.国籍・地域
  • 10.第30条45項規定区分(前述の住民基本台帳に記載される方1~4の区分)
  • 11.在留資格・在留期間等、在留期間等の満了日
  • 12.在留カード・特別永住者証明書の番号
2.在留カード等について

外国人登録証明書にかわり、中長期在留者には在留カード、特別永住者には特別永住者証明書が交付されます
中長期在留者の方、特別永住者の方の外国人登録証明書は、平成24年7月9日以降も、一定期間は在留カード、特別永住者証明書とみなされます
よって、すぐに換える必要はありません
なお、みなされる期間は在留資格によって異なりますのでご注意ください
在留カード、特別永住者証明書の詳しい内容やみなされる期間についてはこちらでご確認ください

【在留カード等の申請窓口】
在留カード:東京入国管理局
特別永住者証明書:住民課住民係

3.住所や在留資格変更などの届出場所・方法の変更について

平成24年7月9日からは、転出地の市区町村への転出届が新たに必要になりました
また、氏名、国籍、在留資格、在留期間などの変更に関する届出先が変わりました

【転出届および住所変更について】
転出届は、八丈町から他の市区町村に転出(引越し)するときに、八丈町に届け出ていただくものです
届出により、八丈町から転出証明書をお渡しします
転出証明書と在留カードまたは特別永住者証明書を持って転入先の市区役所・町村役場に行き、住所変更の手続きを行ってください
住所変更の手続きに在留カードまたは特別永住者証明書を忘れてしまった場合は、再度窓口に来ていただくことになりますのでご注意ください

【世帯主、続柄の変更について】
これまでと同じく、変更があった場合は、住民課住民係に届け出てください
変更には、世帯主との続柄を証明する文書の提出が必要な場合があります

  • 【氏名・国籍などの変更、在留資格、在留期間に関する届出など】
  • 1.中長期在留者の方
    ①氏名、生年月日、国籍・地域の変更
    ②勤務先等の変更
    ③在留資格、在留期間の変更・更新
    上記手続きは、東京入国管理局での手続きになります。住民課住民係への届出は必要ありません
    ※ただし、在留資格が中長期在留者へ変更となった方で、在留カードの住居地欄に住所のない方は、住民課住民係へ届出が必要になります
  • 2.特別永住者の方
    ①氏名、生年月日、国籍の変更
    上記手続きは、これまでどおり住民課住民係の手続きです
4.その他の変更点
  • 【印鑑登録について】
  • 1.住民基本台帳に記載されている方で、既に印鑑登録している方は今までどおり印鑑登録証を使用できます
  • 2.住民基本台帳に記載されない方は、平成24年7月9日をもって印鑑登録は抹消され、印鑑登録証明書の交付はできなくなりました
    ※印鑑登録証明書に代わるものとして、パスポートの写しまたは大使館、領事館が発行するサイン証明があります

【外国人登録原票記載事項証明書、外国人登録原票の写しについて】
外国人登録法による「外国人登録原票記載事項証明書」、「外国人登録原票の写し」は交付できなくなりました
居住歴、氏名等の変更履歴、上陸年月日等の外国人登録原票の内容についての証明が必要な場合は、ご本人が直接法務省にご請求ください

関連リンク

新しい在留カード、特別永住者証明書について

在留カードとは

在留カードとは、適法な在留資格を有し、在留期間が3ヵ月を超える中長期滞在者に対して交付される、これまでの外国人登録証に代わる証明書です
申請等の手続きは、東京入国管理局で行います
在留カードの内容や有効期間などについて、詳しく知りたい方は、下の関連リンクをご覧ください

中長期在留者が所持する「外国人登録証明書」は、一定の期間「在留カード」としてみなされるので、すぐに切り替える必要はありません
みなされる有効期間は、下記「表1」のとおりです
希望する場合は、みなし在留カード(外国人登録証明書)のみなされる期間が満了する前でも、「在留カード」へ切替えることができます
※みなし在留カードとして使える期間が、外国人登録証明書に記載されている次回確認申請期間よりも短い場合がありますのでご注意ください

表1

在留資格 平成24年7月9日時点の年齢 外国人登録証明書が在留カードとみなされる期間
永住者 16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日まで
16歳未満の方 2015年(平成27年)7月8日 または、16歳の誕生日のいずれか早い日まで
それ以外の在留資格 16歳以上の方 在留期間の満了日
16歳未満の方 在留期間の満了日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで
在留カード(表) 在留カード(裏)
特別永住者証明書とは

特別永住者証明書とは、特別永住者の方に対して交付される、これまでの外国人登録証明書に代わる証明書です
申請等の手続きは、これまでと同じく住民課住民係で行います
手続きについては、こちらをご覧ください
特別永住者証明書の内容や有効期間などについて、詳しく知りたい方は、下の関連リンクをご覧ください

特別永住者が所持する「外国人登録証明書」は、一定の期間「特別永住者証明書」としてみなされるので、すぐに切り替える必要はありません
みなされる有効期間は、下記「表2」のとおりです
希望する場合は、みなし特別永住者証明書(外国人登録証明書)のみなされる期間が満了する前でも、「特別永住者証明書」へ切替えることができます

表2

平成24年7月9日時点の年齢 外国人登録証明書が特別永住者証明書とみなされる期間
16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日または外国人登録証明書の次回確認切替期間の始期である誕生日のうち、どちらか遅い方の日まで
16歳未満の方 16歳の誕生日まで
特別永住者証明書(表) 特別永住者証明書(裏)
関連リンク

特別永住者証明書の交付申請

特別永住者証明書とは

特別永住者証明書とは、特別永住者の方に法的地位等を証明するものとして法務大臣が交付する証明書です
【有効期間】
16歳以上の方:各種申請、届出後7回目の誕生日まで
16歳未満の方:16歳の誕生日まで

みなし特別永住者証明書とは

特別永住者の方が所持し、制度改正(平成24年7月9日)から一定の期間、特別永住者証明書としてみなされる外国人登録証明書のことです
みなされる期間中は、外国人登録証明書は有効な特別永住者証明書として取り扱われるので、すぐに特別永住者証明書へ切替える必要はありません
有効期間満了する前に、随時、特別永住者証明書へ切替えることも可能です
ご希望される方は下の特別永住者証明書とみなされる外国人登録証からの切替えをご確認ください

【有効期間(みなされる期間)】
こちらでご確認ください

各種届出・申請について

1.特別永住者証明書の住居地以外の記載事項の変更届出(氏名、国籍等の変更)
【届出期限】
変更が生じたときから14日以内

【必要なもの】
A.特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書も含む)
B.写真1枚(16歳未満は不要)
 ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください
C.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)
D.変更を生じたことを証する資料(在外国民登録簿謄本など)

2.有効期間の更新申請
【申請期間】
A.有効期間満了日2ヶ月前から満了日までの間
B.有効期間満了日が16歳の誕生日の方は、有効期間満了日6ヶ月前から満了日まで

【必要なもの】
A.特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書も含む)
B.写真1枚(16歳未満は不要)
 ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください
C.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)

3.紛失等による再交付申請
【申請期限】
紛失した事実を知ったときから14日以内

【必要なもの】
A.写真1枚(16歳未満は不要)
 ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください
B.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)
C.紛失したことが明らかとなる資料(遺失物届出証明書など)
D.身分を証する書類(運転免許証や保険証など)

4.汚損等による再交付申請
【申請の時期】
特別永住者証明書を著しくき損、汚損したとき

【必要なもの】
1.特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書も含む)
2.写真1枚(16歳未満は不要)
 ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください
3.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)

5.交換希望による再交付申請(有料です)
【申請時期】
交換を希望するとき(詳しくはお問合せください)

【必要なもの】
A.特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書も含む)
B.写真1枚(16歳未満は不要)
 ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください
C.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)
D.手数料1,300円分の収入印紙
 ※交付時に必要となります

6.特別永住者証明書とみなされる外国人登録証からの切替え
【申請時期】
有効期間(一定期間みなされる期間)が満了する前で、切替えを希望するとき

【必要なもの】 A.みなし特別永住者証明書 B.写真1枚(16歳未満は不要)  ※サイズ等は、下記写真の規格をご確認ください。 C.旅券(現在有効な旅券の交付を受けている場合)

上記1~6の届出、申請の共通事項
【代理人申請】
1.申請者が16歳未満の方、疾病その他の事由により窓口に来ることができない場合は代理申請となります
2.同一世帯の親族の方が代理で申請できます
3.同一世帯の親族以外の方が代理で申請する場合にはお問合せください

【交付】
1.届出・申請後に法務省にて特別永住者証明書を作成するため、即日交付はできません
2.届出・申請時にお知らせする交付予定期間に再度窓口にお越しいただき、交付となります

【写真の規格】
1.本人のみが撮影されたもの
2.寸法が右の図の各寸法を満たしているもの
3.無帽で正面を向いたもの
4.背景(影を含む)がないもの
5.鮮明であるもの
6.3ヵ月以内に撮影されたもの

関連リンク
問い合わせ

新制度に関することおよび在留カード、在留許可に関すること
法務省入国管理局 外国人在留総合インフォメーションセンター
電話番号 0570-013904
     03-5796-7112(IP電話、海外からの場合)

住民票に関すること
〒100-1498 東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2
八丈町 住民課住民係
電話番号 04996-2-1123