八丈島へご来島の皆様へ

ご来島予定の方へ

八丈島へご来島を予定している方は、感染拡大防止に向けて、来島前・来島中は下記の対応をお願いします。皆様に安心して旅行を楽しんで頂くために、ご理解ご協力をお願いします。

  • 1、日頃の体調管理を行い、来島前に少しでも体調に変化があるときなどは、ご来島をお控えください。
  • 2、「3つの密の回避」、「正しいマスク着用・咳エチケットの実施」、「手洗い・手指消毒の実施」等の基本的な感染対策を行いましょう。
  • 3、旅行中に体調が悪くなった場合は、こちらの相談窓口へお電話の上、医療機関への受診の可否をご相談ください。

また、八丈町内の施設では、「4つの約束」と「5つのお願い」を感染対策として取り組んでいます。新型コロナウイルス感染防止にご理解いただけますようお願いします。

    ◆「4つの約束」を徹底します。

  • 1、スタッフは、マスク着用、手洗い、手指消毒を徹底します。
  • 2、定期的な換気を行います。
  • 3、複数の人が触れる場所は定期的に消毒を行います。
  • 4、受付場所などでは、アクリル板等の設置や対人距離の確保等により、感染防止対策を行います。

    ◆皆様へ「5つのお願い」

  • 1、発熱や風邪、咳などの症状がある場合は、施設利用をお断りいたします。
  • 2、施設を利用される際は、マスク着用、手指消毒をお願いします。
  • 3、施設利用名簿(来場者カード)への記帳をお願いします。
    (感染拡大の可能性が発覚した際の緊急連絡のみに使用します)
  • 4、施設内では、極力会話をお控えいただき、人と人の間隔を確保してください。
  • 5、この他に、各施設において定められたルールをお守りください。
    (ルールを守っていただけない場合、施設の利用をお断りさせていただくことがあります。※利用開始後においては、利用料等の返金は行えませんので予めご了承ください。)

来島者の方へのお知らせ

1 島内における新型コロナウイルス感染症が疑われる際の対応について

・来島中に新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある場合は「感染症の流れ」を参照の上、対応をお願いします。

・町内で陽性患者となった場合は、感染症法の行動制限となり療養期間が終了するまで八丈島から出ることができません。
療養期間中は一時滞在施設もしくは宿泊先の宿、知人等関係者宅に滞在することとなります。
※一時滞在施設の室数には限りがあります(2部屋)。

・八丈島には検査機関はありません。ただし、発熱などの症状がある方に対しての医療行為として、確定診断用のために用いる抗原検査は町立八丈病院で行っています。無症状の方で不安に思う方は、「感染症の流れ」を 参照の上、お問い合わせください。

・新型コロナウイルスについて、詳しくはこちら

2 空港・港等の新型コロナウイルス感染症対策

① 国土交通省による取組
発熱等の症状がある方は、航空便の利用を控えていただくよう全国の各空港で案内をしております。
羽田空港においても手荷物検査場でも検温を行い、発熱等がある方へ注意を行っています。

② 航空会社の取組
空港・航空機を利用の際、手指の消毒とマスクの着用をお願いしています。
マスク等を着用されない方や発熱など体調がすぐれない方は、搭乗をお断りする場合がある旨の案内がされています。

③ 竹芝桟橋での取組
東京竹芝桟橋では、島しょ地区行きに乗船予定の方に各島の状況を案内するとともに乗船前に検温を行い、発熱など体調がすぐれない方は、乗船をお断りする場合がある旨の案内がされています。
詳しくは東海汽船ホームページの「新型コロナウイルスに伴う当社および各島の対応について」を参照してください。