豆腐の旨煮

※写真は小学校高学年の量です

※麦茶は食物アレルギー対応用です

♦平成30年2月1日(木)の献立♦

昆布ごはん、牛乳、豆腐の旨煮、ごま酢あえ、ネーブル

♦給食で使用した食材の産地♦

たまねぎ:北海道

にんじん:千葉県

しょうが:高知県

キャベツ:神奈川県

しめじ:長野県

にんにく:八丈島

ネーブル:和歌山県

豚肉:群馬県

鶏肉:宮崎県

 

豆腐の旨煮は、少しでも豆腐に味がしみるように、豆腐を和風だし、砂糖、醤油で煮ています。具は別の釜で炒め、片栗粉でとろみを付けた後に豆腐と合わせました。

豆腐と具を合わせてから水溶き片栗粉を加えると混ぜる回数が多くなり、豆腐が崩れてしまいます。少しでも混ぜる回数を減らし、豆腐を崩さないようにするために野菜が入った具の方にとろみを付け、合わせた時にとろみをなじませています。

子どもたちがより美味しく食べられるように、調理員さんは調理方法を工夫しながら毎日作業をしています。