いい歯の日

※写真は小学校高学年の量です

※写真左上は食物アレルギー対応用です

♦平成29年11月8日(水)の献立♦

ごはん、おからふりかけ、牛乳、ししゃものごま焼き、切干大根と野菜の炒めもの、みそけんちん汁

♦給食で使用した食材の産地♦

にんじん:北海道

小松菜:茨城県

ごぼう:青森県

大根:千葉県

里芋:八丈島

明日葉:八丈島

にんにく:八丈島

たまご:八丈島

ししゃも:アイスランド

 

11月8日は「良い(11)歯(8)の日」です。今日は骨ごと食べられるししゃもや切干大根、ごま等を使ったカルシウムたっぷり献立です。また、切干大根と野菜のいためものは、噛み応えのある硬さに仕上げています。野菜をたっぷり使っているので、かみかみメニューにもなっています。

私たちが毎日の食事を美味しいと感じるのは味(味覚)だけでなく、その料理の見た目(視覚)、香り(嗅覚)、ジューっと焼ける音(聴覚)、そして食感(触覚)などの五感が大きく関わっています。歯は食べ物の固さを感じるとても大切なものです。一生自分の歯で食事を楽しむことが出来るよう、子どもの時から歯の磨き方、よく噛んで食べる等、日頃から歯の健康に気を付けて生活して欲しいと思います。