月別アーカイブ: 2017年6月

〔募集〕子育てのお手伝いしませんか?

募集中

八丈町子ども家庭支援センター

(ファミリー・サポート・センター事務局)

 

ファミリーサポートセンターでは、育児のサポートを受けたい方(利用会員)サポートができる方(提供会員:有償ボランティア)を随時募集しています。

就学などで子育てが一段落した方、子育て経験を生かしたい方、退職された方など満20歳以上の方、空いた時間でお手伝いしてみませんか?
お手伝いできる日時のみの活動で構いません。
講習会(提供会員のみ)や、万一の事故に備えた補償保険もあります。

活動例

  • 保育施設までの送迎
  • 保育施設での保育前後の子供の預かり
  • 放課後の子供の預かり
  • 保護者の病気や外出、何らかの用事がある際の子供の預かり

対象年齢イメージ

おおむね生後6か月~10歳未満
(病児は対象外)

謝礼金

活動後に利用会員から提供会員へ支払い

  • 700円/1時間(平日午前8時~午後5時)
  • 900円/1時間(平日上記外の時間、土日・祝日・年末年始)

預かる場所

提供会員宅が原則です
(双方の合意により他の場所も可)

コメント

興味のある方はぜひお問い合わせください!

【問い合わせ・申し込み】
八丈町子ども家庭支援センター
(ファミリーサポートセンター事務局)
電話 2-4300

 

八丈島地熱発電利用事業ページ開設しました

八丈町は、まちづくりの指針となる八丈町基本構想の中で「クリーンアイランドを目指す町」を掲げ、再生可能エネルギーの活用に取り組んでいます。

その取り組みの一環として、再生可能エネルギーの一つである「地熱」の更なる活用を図るため、新たな地熱発電所の建設をはじめとした「八丈島地熱発電利用事業」が始まりました。

八丈島地熱発電利用事業ページでは、事業の進捗などについて随時お知らせします。

八丈島地熱発電利用事業のページはこちら。

地域おこし協力隊ページ開設しました

八丈町では、島外からの人材を新たな地域社会の担い手として受け入れ、地域の持つ魅力の活性化と定住促進を目的とした「八丈町地域おこし協力隊」が平成29年6月より活動を開始しました。

地域おこし協力隊ページでは、その活動内容を随時お知らせします。

弾道ミサイル落下時の行動について(内閣官房からのお知らせ)

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合には、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

【屋外にいる場合】

  • 近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

詳細については、国民保護ポータルサイトをご覧ください。