総務課」カテゴリーアーカイブ

八丈島ザトウクジラ調査について

八丈町では、引き続き東京海洋大学大学院鯨類学研究室(加藤秀弘名誉教授、村瀬弘人准教授、中村玄助教)と共同で八丈島のザトウクジラの生態調査を行います。

調査内容(令和元年11月~令和2年4月予定)
①八丈島周辺における冬季分布に関する情報の収集(八丈島のザトウ回遊状態の季節的変動)
②個体識別を行うための自然標識写真の収集(八丈島ザトウの起源を知るため沖縄、小笠原との関係)
③鳴音の録音(八丈島ザトウの生態特性)
個体識別写真等基礎的データ収集のため、調査船がザトウクジラと近距離になる場合があります。

八丈町の新たな観光資源の可能性とザトウクジラの新たな学術的な知見に期待が寄せられています。

八丈島でザトウクジラを見つけよう

クジラたちの行動

【ダウンロード】
八丈島でザトウクジラを見つけよう!・クジラたちの行動

【外部リンク】八丈島観光協会

海上調査速報(令和2年1月27日午前8時現在)

調査日 発見 個体識別写真 鳴音状況 備考
令和元年11月12日(火) 発見なし なし なし
令和元年11月13日(水) 発見なし なし なし
令和元年12月6日(金) 2群3頭 2個体 なし
令和元年12月8日(日) 1群1頭 なし なし
令和元年12月9日(月) 2群3頭 3個体 なし 昨シーズン来遊個体を確認
令和元年12月17日(火) 2群4頭 2個体 なし
令和元年12月19日(木) 15群21頭 なし なし 調査船二隻
令和元年12月20日(金) 9群14頭 6個体 なし
令和元年12月21日(土) 7群11頭 なし なし
令和2年1月7日(火) 25群37頭 14個体 なし
令和2年1月10日(金) 8群11頭 6個体 なし
令和2年1月11日(土) 8群8頭 なし ソング確認
令和2年1月22日(水) 28群48頭 18個体 ソング確認
令和2年1月23日(木) 27群39頭 3個体 ソング確認
令和2年1月24日(金) 30群45頭 4個体 ソング確認
合計(延べ) 164群245頭 58個体

ザトウクジラ調査状況

調査 発見(延) 個体識別写真(延) 備考
平成30年11月~
平成31年4月
海上調査 271群417頭 179個体 ソング確認18回(内1回録音)
スキンサンプル2検体採取
子どもの確認(動画あり
平成29年11月~
平成30年4月
海上調査 231群392頭 183個体
(実数 151個体)
ソング確認17回(内2回録音)
平成29年12月20日録音
スキンサンプル6検体採取
平成28年11月~
平成29年4月
海上調査 136群205頭 72個体
(実数 60個体)
ソング確認8回(内1回録音)
スキンサンプル2検体採取
陸上調査 47群62頭

◆◆◆ ザトウクジラ調査報告 ◆◆◆

2018-19年シーズン八丈島ザトウクジラ調査報告書(概要版)

2017-18年シーズン八丈島ザトウクジラ調査報告書(概要版)

2016-17年シーズン八丈島ザトウクジラ調査報告書(概要版)

【動画】平成31年3月21日午後1時30分頃 乙千代ヶ浜沖にて撮影

【動画】平成30年3月3日午後2時15分頃 末吉洞輪沢沖にて撮影

【動画】平成29年3月8日午後1時30分頃 末吉にて撮影

【動画】平成29年2月6日午前11時頃 大根にて撮影

【音声】平成29年12月20日 ソング録音(鳴音は画像の個体のものです)

ザトウクジラ

ザトウクジラ ザトウクジラ ザトウクジラ

ザトウクジラのブリーチング
写真は平成29年1月22日午後2時42分に大根付近で撮影されたものです。

八丈町の新たな観光資源の可能性とザトウクジラの新たな学術的な知見に期待が寄せられています。

ザトウクジラの目撃情報を八丈島観光協会のTwitterで集めています。

【問い合わせ】
総務課庶務係 電話 2-1121

八丈町歌 米国空軍太平洋音楽隊・八丈高校吹奏楽部・三原中学校音楽部・八丈ウインドオーケストラ有志による演奏

令和元年11月4日に開催されましたふれあいコンサートより、八丈町歌(米国空軍太平洋音楽隊・八丈高校吹奏楽部・三原中学校音楽部・八丈ウインドオーケストラ有志による演奏)を八丈町歌ページへ追加しました。

八丈町歌ページへ

八丈町職員採用試験案内(バスガイド)

1 募集人数及び応募資格

バスガイド 1名(未経験者可)
昭和50年4月2日以降に出生の中学校既卒の方。

なお、地方公務員法第16条の欠格条項に該当する方は、受験できません。

※    地方公務員法第16条の欠格条項とは、次のとおり。

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁こ以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  3. 当該地方公共団体(八丈町)において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  4. 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、地方公務員法第 五章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
  5. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

2 採用予定年月  令和2年1月以降

3 勤務場所  企業課

4 試験の方法

【1次試験】 書類選考(提出書類により審査。1次試験は書類選考のため試験会場はありません。結果は郵送)
【2次試験】 1次試験通過者のみ
(1) 筆記試験(教養・論文)(活字印刷文による出題)
(2) 口述試験(個人面接)

5 応募の方法

提出書類を郵送もしくは直接お持ちください
(1) 提出先
〒100-1498 東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2
八丈町総務課庶務係 電話 04996-2-1121
(2) 提出書類

ア.履歴書(町指定のもの・自筆)
履歴書様式ダウンロード(PDF形式)
A4サイズ(横)で印刷してください
1通
イ.写真(上半身脱帽正面向 縦3㎝×横2.4㎝・履歴書に貼ること) 1葉
ウ.最終学校卒業証明書または見込書(卒業証書の写し可) 1通
エ.エントリーシート(町指定のもの・自筆)
エントリーシートダウンロード(PDF形式)
1通
オ.書類選考の結果の送付先を明記し、84円切手を貼った返信用封筒(長型3号)
※長型3号・・・23.5cm×12cm
1枚

6 待 遇(平成31年4月1日基準)

(1)給与
ア.給料

職種 給料
バスガイド 130,400円~161,400円

※給料は、採用前の職歴等に応じて一定の基準により加算されます。

イ.諸手当

a.扶養手当

区 分 金 額
10,000円
子以外 6,500円

なお、扶養親族のうち16歳から22歳までの子がいる場合は、上記の金額に5,000円を加えた額が支給されます。

b.期末手当および勤勉手当

期末手当および勤勉手当は、基準日に在職する職員に対し支給されます。
{(給料+扶養手当+役職段階別加算額)×期別支給割合(含成績率)×在職期間別割合}

支給期 基準日 在職期間 期末手当 勤勉手当 合計
6月期 6月1日 12月2日~6月1日 1.3月 0.925月 2.225月
12月期 12月1日 6月2日~12月1日 1.3月 0.925月 2.225月

(上記勤勉手当は、職員平均です。支給割合は、勤務成績により差が生じます)

c.住居手当

区分 金額
借家等 家賃月額12,000円以下 0円
家賃月額12,000円を超え23,000円以下 家賃月額-12,000円
家賃月額23,000円超え (家賃月額-23,000円)÷2+11,000円
ただし、最高支給額27,000円

d.他手当  通勤手当、超過勤務手当(勤務実績に応じ)などがあります

⑵ 勤務時間等(原則)

毎週土曜日・日曜日、祝日並びに1月2日、3日および12月29日~31日は休み。
また、勤務形態によっては、シフト制になります。
平日の勤務時間 午前8時30分~午後5時15分(うち休憩時間 午後0時~午後1時)が原則。

⑶ 福利厚生

ア 健康保険……東京都市町村職員共済組合
イ 退職手当……東京都市町村職員退職手当組合条例により支給
※在職年数により支給率が変わります。(最高43.0月×給料月額)
ウ 年次有給休暇……4月採用の場合15日、翌年1月から20日
※翌年度への繰越は20日まで

7 その他

(1) 二次試験日は一次試験書類選考後に決定します。
(2) 待遇については、平成31年4月1日現在を基準としています。給与改定等が行われ、採用時は上記と異なることがあります。
(3) 合格通知時に順位により採用枠を超えた方は、採用候補者名簿に登録され、欠員状況により順次採用されます。なお、名簿の有効期限は平成31年度末までです。

【問い合わせ】
総務課庶務係 電話 04996-2-1121

参議院(東京都選出)議員選挙 八丈町での投票・開票結果

令和元年7月21日執行
参議院(東京都選出)議員選挙 八丈町での投票・開票結果

開票結果
投票総数 3,587票 (有効投票数 3,418票、 無効投票数 169票)

届出番号 氏  名 得票数
1 丸川 珠代 783
2 塩村 あやか 381
3 たけみ 敬三 289
4 山口 なつお 881
5 みぞぐち 晃一 13
6 森 純 13
7 山岸 一生 180
8 吉良 よし子 314
9 水野 もとこ 68
10 関口 安弘 7
11 佐藤 ひとし 22
12 朝倉 れい子 47
13 おときた 駿 230
14 七海 ひろこ 9
15 横山 まさひろ 19
16 野原 よしまさ 97
17 西野 貞吉 11
18 大橋 まさのぶ 24
19 大塚 紀久雄 5
20 野末 陳平 25

参議院議員選挙 比例代表区(八丈町投票区) 開票結果
投票総数 3,588票 (有効投票数 3,464票、 無効投票数 124票)

党派名 得票数
日本共産党 307
自由民主党 1,216.999
オリーブの木 14
社会民主党 59
公明党 723
国民民主党 175
日本維新の会 186
幸福実現党 8
立憲民主党 495
労働の解放をめざす労働者党 3
NHKから国民を守る党 31
安楽死制度を考える会 37
れいわ新選組 209

投票状況・東京都選出

投票区 選挙当日有権者数(人) 投票者数(人) 投票率(%) 前回投票率(%)
三根投票区 2,979 1,605 53.88 59.76
大賀郷投票区 2,078 1,131 54.43 59.42
樫立投票区 414 301 72.71 76.38
中之郷投票区 559 371 66.37 69.85
末吉投票区 274 179 65.33 70.20
6,304 3,587 56.90 62.19

全体の選挙結果については 東京都選挙管理委員会のページ をご覧ください

【問い合わせ】 八丈町選挙管理委員会
〒100-1498 東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2
電話 04996-2-1121

既存ブロック塀の耐震対策について

ブロック塀の倒壊は、人命を奪うだけでなく、避難や救助活動にも支障をきたします。
また、ブロック塀・万年塀などは、年数が経つと危険な状態となり倒壊などの事故につながります。
≪所有者に瑕疵があった場合には、その責任は所有者に課せられます。(民法第717条)≫
下記の点検項目を目安として、所有のブロック塀の安全対策を実施しましょう。

ブロック塀

ブロック塀の点検のチェックポイント

ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。

まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。

ブロック塀の点検のチェックポイント項目

  1. 塀は高すぎないか
    ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
  2. 塀の厚さは十分か
    ・塀の厚さは10㎝以上か。(塀の高さが2mを超2.2m以下の場合は15㎝以上)
  3. 控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
    ・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
  4. 基礎があるか
    ・コンクリートの基礎はあるか。(根入れ深さが30㎝以上あるか)
  5. 塀は健全か
    ・塀に傾き、ひび割れはないか。

    〈専門家に相談しましょう〉

  6. 塀に鉄筋は入っているか
    ・壁の中に直径9㎜以上の鉄筋が、縦横とも80㎝間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
    ・基礎の根入れ深さは30㎝以上か。(塀の高さが1.2m超の場合)

【問い合わせ】
総務課庶務係  電話 2-1121

和歌山県民「感謝の碑」除幕

和歌山県民「感謝の碑」

平成30年10月23日、遠路はるばる和歌山県から八丈島に「感謝の碑」を建てる会の皆さんが来島して、除幕式が行われました(八重根)。

「感謝の碑」は126年前に遭難した和歌山県サンマ船団の生存者を、当時の八丈島民が助けたことに感謝を込めて建立されたものです。

【問い合わせ】
総務課庶務係  電話 2-1121

お昼の時間も出張所窓口をご利用いただけます

平成30年9月3日(月)から樫立・中之郷・末吉出張所でも正午から午後1時の間の窓口業務を行います。出張所で取り扱っている主な業務は下記の通りです。

  • 転入、転出など住民登録に関すること
  • 印鑑登録に関すること
  • 戸籍謄・抄本、住民票の写しや印鑑登録証明書などの発行
  • 国民年金の資格、国民健康保険・後期高齢者医療に関する手続き
  • 税金の納付、納税証明
  • 原動機付自転車の廃車申請
  • 水道料金の支払い

【各出張所連絡先】業務時間:月~金曜日 午前8:30~午後5時15分
樫立出張所  電話 7-0003
中之郷出張所 電話 7-0002
末吉出張所  電話 8-1003

西日本豪雨災害派遣「避難所運営支援(岡山県倉敷市)」レポート

総務課 庶務係長 大川和彦
税務課 課税係  水野滉人

東京都被災地派遣の要請があり、8月8日(水)~16日(木)の8泊9日間(東京都派遣第7陣第4班)で、岡山県倉敷市真備地区の避難所支援に行ってまいりました。
真備地区は、高梁川水系の小田川の堤防決壊による大規模な浸水害があり、派遣当日現在で3カ所の避難所に259世帯721人の方が避難しており、避難所以外にも在宅避難されている方が多数いました。
2階まで浸水被害を受けた住宅被災地の浸水域の範囲は広く、民家だけでなく、商店や公共施設も例外なく被害を受け、被災地中心部では、2階部分まで浸水した家も多く、倉敷市真備総合支所は、1階部分の天井まで浸水し、電気設備を消失したため、行政機能を十分に果たせない状態になってしまいました。倉敷市真備総合支所
我々が派遣された二万小学校(にましょうがっこう)は、派遣当日現在、64世帯233人の避難者を受け入れており、被災地の中心部から3km以上離れた場所にあるため、学校周辺は被災していない避難所でした。
避難所は、体育館のほか教室やプールのシャワーを使い、臨時のエアコンや手作りのバリアフリー対応を行い、体育館の避難スペースは、目隠しが腰の高さほどしかなく、個人個人のプライバシーが無い反面、避難者全体のコミュニティの良さを感じることができ、避難所独特の殺伐とした雰囲気はありませんでした。二万小学校
支援に来ていた自治体は、東京都のほか埼玉県(県職員+市町職員)、岡山県、中核市(旭川・函館・岡山・備前・津山・宮崎)で、発災当初は、混乱があり運営体制の構築に時間を要したものの、関係機関の協力を得て、派遣時には倉敷市の管理職による避難所リーダーが常駐し、避難所に関する案件の集約が出来ていました。
主な支援内容としては、避難所本部のサポート(データ入力や行政サービスの案内)、配食(夕食)、物資の搬入出、避難所外回り(砂埃対応・水撒き、掃除・避難所運営により発生した学校設備への対応)と個別に発生する事案で倉敷市からのオーダーが出た案件に対して支援を行うものでした。
支援活動の中で夕食の配膳を担当していたため、直接避難された方々とコミュニケーションをとる機会も多く、八丈町の名前を見て「遠くからありがとう」などと話しかけてくれる方も沢山いて、被災した方々の支援という言葉を重く感じ、どこか余計な力みがあった私たちの肩の力をほぐしてくれたように感じました。
被災から一ヶ月半が経過していても、避難所の運営には日々課題が多く、倉敷市が中核市だからとかではなく、自治体の規模によらず、どこの自治体であっても実際に起こってしまった災害に対しては、いくらマニュアルを作成していても、その通りに対応できないことが有ることを再認識しました。
そのため、八丈町においても有事に備え、防災計画や避難所運営マニュアルの見直しを随時行う必要があり、他の自治体での成功例や失敗例を教訓とし蓄積していく必要があると感じました。
また、今回の豪雨災害に際しての浸水害は、事前にハザードマップ等で被害想定区域が示されていたにも係わらず、避難が遅れた方々や残念ながら亡くなられた方がいたことは、住民の方々の意識としても、日頃からの災害に対する気構え、心構えの必要性と自分の身は自分で守り、危機意識の共有を地域ぐるみで行うという自助・共助の大切さを痛感しました。
今後、八丈町でも様々な災害に関してのハザードマップ等が示されることとなりますが、大雨(土砂災害)の場合は何所、台風の場合は何所、地震の場合は何所と簡単に判断できる方法も取り入れ、住民の皆さんに周知していく必要があると感じました。
最後に、災害が発生し、避難所での生活を余儀なくされる住民の方々には何の非も有るわけではなく、行政の立場として何を一番に考えなければならないのか、ということに改めて気づかされることが多い今回の避難所支援派遣となりました。