町民の皆様へ

このページでは、新型コロナウイルス感染症に関する町民の皆様向けの情報を掲載しています。国の新型コロナウイルス感染症対策等については、下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。

八丈町の「新しい生活スタイル」について

八丈町の特性を踏まえ、町内での行動指針を作成しました。
この指針を目安に、日々の生活(新しい生活スタイル)を過ごしていただきますようお願いします。

1 住民の行動指針

    (1) 町内での日常行動
    基本は、新しい生活スタイル(新型コロナウイルス対策をしながらの生活)を行い、これまでの日常に少しでも近づけるようにすることです。
    「密閉、密集、密接」の3つの密を避け、それぞれの場所や場面で自ら行うべき行動を考え、実施することが重要です。

  • ① 「3つの密の回避」、「正しいマスク着用・咳エチケットの実施」、「手洗い・手指消毒の実施」等の基本的な感染対策を行いましょう。
  • ② マスクの着用は感染防止対策として大変重要なため、特に人と会話をする時や混雑する場所ではマスクの着用を徹底しましょう。
  • ③ 飲食店では、各飲食店が行う感染症対策に沿って利用しましょう。
  • ④ 過度な自粛を強要するような事がないようにお願いします。

    (2) 島外へ移動する時、帰島した時の行動
    島外へ移動する時は、移動先の感染状況を確認し、感染リスクの低い行動を心がけてください。

  • ① 島外へ移動した時の行動
    基本的な行動は、町内の日常行動と同じですが、各地域の指針も参考にしましょう。なお、緊急事態宣言等が再度発出された場合は、島外への移動を控えるなど、感染拡大防止にご協力をお願いします。
    訪問先の施設等で行っている新型コロナウイルス対策に従うとともに、今までにクラスター(集団感染)が発生した場所の利用は避け、直近の感染者の発生状況等も把握しましょう。行った場所やお店を記録しておくと帰島後の安心に繋がります。
  • ② 帰島してからの行動
    新型コロナウイルス(オミクロン株)に感染した場合、平均で2~3日、最長で10日程度で発症すると言われています。帰島後10日間は、皆様ご自身で健康観察を行い日々の体調変化に注意して行動してください。
    (大切な人の命を守るために、自分が感染し人にうつしてしまう可能性が常にあると考えて行動をすることが大切です。)

    (3) 島内で感染の疑いがある場合
    病院・東京都発熱相談センターに電話相談の上、受診してください。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
    ※絶対に無連絡での受診はしないでください。
    医師が診察・診断を行った上で判断をします。医師の指示に従ってください。
    また、濃厚接触者の調査やその調査結果による自粛要請、施設の利用制限等の措置を行うこととなります。
    憶測や噂に惑わされることなく、病院・保健所の指示に従い行動をしてください。

2 来島者対応をする方の行動指針

来島者対応をする方(観光事業従事者・来島者の関係者等)は、感染拡大防止に向けて、下記の対策の実施をお願いします。

  • ① 来島者に対する「3つの密の回避」、「正しいマスク着用・咳エチケットの実施」、「手洗い・手指消毒の実施」等の基本的な感染対策の周知
  • ② 自分自身が濃厚接触者にならないための感染対策の実施

【濃厚接触者の定義】
発症日の2日前から診断後に隔離開始されるまでの間に、1メートル以内で、マスクなどの必要な感染予防策なしで感染者と15分以上の接触があった人

新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチンに関する最新情報は、こちらのページをご覧ください。

八丈町役場への来庁について

  • ・休日の町役場庁舎は、手続きがある方を除き来庁をご遠慮ください。
  • ・入口に消毒薬を設置しています。来庁の際は手指の消毒にご利用ください。
  • ・熱があるとき、体調の悪いときは来庁を自粛してください。
  • ・マスクを着用してください。
  • ・手洗い・うがいを徹底してください。
  • ・手続きを待つときは、他の来庁者の方と間隔をあけてお待ちください。
  • ・職員と対面の場合はアクリル板ごしで会話してください。遮蔽物がない場合は横並びでの会話をお願いします。
  • ・庁舎内の換気と空調の併用のため、寒く感じることがあります。

くわしくは町役場に来庁される皆様へをごらんください。

新型コロナウイルス関連の各種お問い合わせ窓口

新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ窓口です。

発熱等の症状がある場合の受診相談

発熱等の症状がある場合の受診相談

    ◇ 医療機関 ◇

  • ・町立八丈病院
    【電話】04996-2-1188
  • ・岩淵クリニック
    【電話】04996-2-7117 【受付】9:00~11:30(平日)
  • ◇ 東京都 ◇

  • ・東京都発熱相談センター
    【電話】03-5320-4592 【受付】24時間(土日祝含む)
    ※まずはかかりつけ医に相談してください
発熱等の症状はないが感染について心配な症状が出た場合の相談

    ◇ 東京都 ◇

  • ・東京都 新型コロナ・オミクロン株コールセンター
    【電話】0570-550571 【受付】9:00~22:00(土日祝含む)
  • ◇ 保健所 ◇

  • ・島しょ保健所八丈出張所
    【電話】04996-2-1291 【受付】9:00~17:00(平日)
  • ◇ 厚生労働省 ◇

  • ・厚生労働省電話相談窓口
    【電話】0120-56-5653 【受付】9:00~21:00(土日祝含む)
納税困難な場合の地方税の猶予制度に関する相談 詳しくはこちら
  • ・八丈町役場 税務課
    【電話】04996-2-1123 【受付】8:30~17:15(平日)
国民健康保険による傷病手当に関する相談 詳しくはこちら
  • ・八丈町役場 住民課医療年金係
    【電話】04996-2-1123 【受付】8:30~17:15(平日)
町営住宅使用料に関する相談 詳しくはこちら
  • ・八丈町役場 建設課管財係
    【電話】04996-2-1124 【受付】8:30~17:15(平日)

子育てに関する相談窓口

    ◇ 八丈町役場 ◇

  • ・八丈町子ども家庭支援センター (八丈町役場内)
    18歳未満のお子様に関するあらゆる相談の窓口です。お子様との関わり方、お子様自身のこと、育児全般について、匿名での相談、電話やメール、訪問・来所での相談に対応しています。
    【電話】04996-2-4300 【受付】8:45~17:00(平日)

    ◇ 厚生労働省 ◇

  • ・児童相談所虐待対応ダイヤル
    虐待かもと思ったら全国共通ダイヤル「189」(通話料無料)へかけると管轄の児童相談所に繋がります。詳しくはこちら
    【電話】189 【受付】24時間(土日祝含む)

    ◇ 東京都福祉保健局 ◇

  • ・4152電話相談
    子育て全般、お子様の発達、行動面など保護者からの相談、18歳未満のお子様からの相談に対応しています。詳しくはこちら
    【電話】03-3366-4152 【受付】(平日)9:00~21:00  (土日・祝日)9:00~17:00(※12/29~1/3除く)
  • ・子ゴコロ・親ゴコロ相談@東京
    都内在住の18歳未満のお子様、保護者が、LINEで専門の相談員へ相談できます。詳しくはこちら
    【受付】[平日]9:00~22:30  [土日・祝日]9:00~17:00

    ◇ 認定NPO チャイルドライン支援センター ◇

  • ・チャイルドライン
    18歳までのお子様専用のフリーダイヤルです。どの年齢のお子様でも、相談、自由なお話等お子様の話をボランティアの大人の方々が真剣に耳を傾けて聞いてくれます。詳しくはこちら
    【電話】0120-99-7777 【受付】16:00~21:00(土日祝含む)(※12/29~1/3除く)

心の悩みに関する相談

  • ・SNS心の相談
    新型コロナウイルス感染症の影響による心の相談についてチャット形式の相談受付をしています。詳しくはこちら
    【受付】[平日]18:00~21:30  [土日・祝日]14:00~21:30

家庭内暴力・生活困窮者自立相談支援事業・生活保護に関する相談

  • ・八丈支庁 総務課(福祉担当)
    【電話】04996-2-1112 【受付】8:30~17:15(平日)

その他関連情報

その他、新型コロナウイルスに関する関係情報は、下記のページをご覧ください。